GK school


ゴールキーパー基礎講座

  ポジショニング
  誰もが知ってる基本位置 前後のポジション DF背後のケア ボール保持者へのプレッシャー    
  セービング
  構えの基本姿勢 踏切足と重心 ステップワーク セービング中の手の出し方 ボールの軌道予測  
  クロスへの対応
  軌道予測を行う(空間認識) クロスのポジション 落下地点に入る際の基本 ジャンプの際の足の出し方 ボールを弾く判断材料  

 


基礎講座 クロスへの対応 ソフトボールの外野フライで空間認知力を身につける

クロスボールに対しての準備は当然大事なものだが、『空間認知力』も欠かせない重要なものです。

空間認知力とは、上がっているボールがどこに落ちてくるのかを予測する能力。
空中にあるボールがどこにあり、どんなタイミングで、どこに落ちてくるのかを判断するかを考えるのは非常に重要だが難しい能力でもある。

最近よく言われてることだが、この『空間認知力』が最近の子供たちは昔に比べると能力が落ちているように感じる。
要因が断定できるわけではないが、幼い頃に野球や川遊びなどの外でスポーツを楽しむことが減っているのが、遊びの中から身に付く能力はたくさんあるが、私は幼い頃の野球離れが原因の一つあるように思っている。

私たちの時代には、学校の昼休みや休憩時間に野球をよくやっていたが私自身その頃のボール遊びなどから、自然と覚えた感覚的な能力は多いと思う。
空間認知力は、野球・ソフトボールの外野フライがいい練習になると思っているので、皆さんもサッカーボールをつかってのクロスボールでなかなか上達しない時には、ソフトボールの外野フライの練習をやってみるとよい。

サッカーを上達するために、積極的に他のスポーツを行うことを私はオススメしています。
指導者が変われば選手の感じ方がかわるように、スポーツが変われば同じ要素でも感じ方が違い収穫を獲る事は多いものです。

クロスのポジショニング

クロスボールが特別な要素があるわけではなく、シュートを防ぐ際と同じようにしっかりとした準備が必要だ。
ボールの位置を見てポジションをとることも、特別いつもと違っているわけではないが、シュートの歳とは若干違った身体の向きが大事になる。

タッチライン付近にボール保持者がいる場合、シュートを直接してくる可能性は低くなるので、ポジショニングもクロスに出るタイミングの準備をしていく必要がある。

その際に確認するのは『誰に合わせてクロスがあがるのか?』そのために、ボールばかりではなく周りをみて事前に確認しなければいけない事で、これはクロスを取る上で非常に重要なこととなる。
クロスに対して、相手選手が一人しかいない場合には予想もつきやすくタイミングはとりやすい。

(1) ボールの位置に合わせたポジショニング

(2) クロスボールが蹴られるまで動かない

クロスボールが足から離れる前に、予測だけで前に動かない。
予測だけでボールを見ないで動き出してしまうと、予想と違った時に逆をとられてしまいステップにもタイムロスも発生し出れないこともある。

(3) キーパースペースを予測する

自分がどれだけの距離を出れるのか判断する事だが、自分の足の速さ・ポジショニング・クロスボールの球質を考え、自身の準備・タイミングでどこまでなら出られるのかを判断しなければいけない(ここが一番難しいが、反復練習で養っていく必要がある・ビデオなどをとってジャンプの高さや出たタイミングなどをみることで自分の感覚とのギャップを知ることが出来る)

落下地点に入る際の基本

クロスボールの落下地点を予測できたとしても、ステップの仕方によっては思ったようにジャンプができない場合も少なくはない。

(1) まっくすぐに入る

ボールの中心に入ることが大事になってくる。 軌道をみてボールの中心に入る事を心がける。

(2) 落下地点がよむずらかったら回り込む

まっすぐ入るのがタイムロスをなくし、ボールへもアタックしやすいが、予測しにくく目測が難しい場合には、回り込みによりかぶることを防げる。
しかし、回り込むことにより相手が前で先に触りやすくなる場合があるので、基本的にはまっすぐ入るように心がけるようにしよう。

ジャンプする際は、助走を活かし高い位置でとれるように片足ジャンプするほうがいい。
片足でジャンプし、反対側のひざをあげる事で相手から自分の身体を守る役割もあるし、GKが先に声をだして出てくれば相手も当たってこない場合もあるので、『クロスに出る!』と決め行動する際には『オーケー!』または『キーパー』などと声を出して出るのが良い!

ジャンプの際の足の出し方

GKがクロスに出る際に避けて通れないのが、FWとのコンタクトだ。
空中でクロスボールを処理する際に、GKは無防備になりがちだ・・・
キャッチしようと手を伸ばした状態で、相手FWが身体ごと突進してきて着地の際にバランスを崩したりしてけがすることもある。

このようなシーンで自分の身体を守るためにも覚えて欲しい事がある。

落下地点へ入る前に、2・3歩ステップしてスピードをつけボールへアタックするように勢いよくポジションに入る。

クロスボールに対してゴール側の足で踏み切り、反対側の足を曲げて身体を守ることが目的の一つにあるが、あまり上げる足だけを意識するとバランスを保てない事があるので注意が必要だ。
曲げる足を振り子の要領で、持ち上げる事により高さも上がりやすくなるのでできるだけ片足ジャンプをすることをおススメします。

ボールはどこに弾くのか?

クロスボールを処理する際に、キャッチすることが最良の場合も多いが『キャッチできない!』と判断した際には、パンチングで回避する方法もある。
混戦の中で、キャッチし着地の際にボールをこぼし失点・・・なんてシーンは見たことがあるのではないでしょうか?
これは、ボールと自分の関係ではキャッチが選択できたとしても、相手がたくさんいて体に触れこぼす危険性も考慮しなかったせいでのミスが多い。

パンチングで弾く場所の優先順位(基本的には、遠くて・人がいないとこへ弾くのがセオリーとなる)

(1) 味方のいる場所(ワンタッチパスとしての役割。弾いたボールを味方が先に処理できる場合)

(2) 相手のいないスペース(スペースがあっても、仲間より先に相手が拾える距離ならば二次攻撃の危険性を回避しなければいけない)

(3) サイドライン(流れを断つことで、準備をし直すことができる)

(4) コーナーキック

二次攻撃を受けない場所を考えて、弾くと良い。

パンチングで味方にパスを出すと言う手段もある。
キャッチしフィードするよりも、パンチングで処理できればワンタッチパスができて素早くカウンター攻撃できる。