GK school


ゴールキーパー基礎講座

  ポジショニング
  誰もが知ってる基本位置 前後のポジション DF背後のケア ボール保持者へのプレッシャー    
  セービング
  構えの基本姿勢 踏切足と重心 ステップワーク セービング中の手の出し方 ボールの軌道予測  
  クロスへの対応
  軌道予測を行う(空間認識) クロスのポジション 落下地点に入る際の基本 ジャンプの際の足の出し方 ボールを弾く判断材料  

 


基礎講座 ポジショニング

ボールとニアポスト・ファーポストを結んだ中心に立つのが基本

ポジション

ゴールキーパーにとって重要なポジショニングですが、反射神経のいいゴールキーパーでもスタートの位置すなわちポジショニングがミスしていれば、シュートを防ぐことができない場合は多い。
逆に考えれば、ポジションが良ければ簡単にボールをキャッチできることだって多々ある。

正面のキャッチが完全にとれるようになれば、良いポジションから足を運んで正面キャッチできることが一番いいと私は思う。
では、実際にどようのうなポジションをとればいいのか説明しよう。

これは基本的な考え方の一つであって、キッカーのボールの置き方・ディフェンスの有無によって少々変更しなくてはいけないが、この基本的な位置を考えながらポジションをとるとよい。

ポジション取りについてこういう表現をする方もいるが、これだとどうなるか?
『ボールとゴールの中心を結んだライン上に立つ』これも同じような表現の仕方だが、中心ってどこなの?という話になる。
仮にゴールライン上の中心とすると、下記の図に示したようになってしまうために若干位置がかわってしまうことがある。 左右のバランスがよくどちらも均等な距離感を保てる位置にポジションとるように心がけよう。 

【もしも、ゴールの中心から結ぶのであればゴールライン上よりも約1メートル後ろからラインをとると、ちょうど左右バランスが均等な位置がとれる】

ニアポストとボール、ファーポストとボールをそれぞれ結んだ位置の中心に立つという表現で構わないが、実戦中はラインなんてないのだからPKスポットや、ゴールエリアのラインを見ながら立っている位置を把握しなくてはいけないので、 どちらの表現でも構わないが両方均一に動けるポジションをとるようにしよう。
【首を振って見ろ!とも言うが、直視できる時間がない場合は多いのでできるだけ感覚で覚えてボールを見ながら、周辺視野で確認ができるように訓練しよう!】

※図に書いてあるボール・ゴール・キーパーのサイズが実際のものと縮小割合が違うために、セオリー説明通りのポジション取りになってないので、ご了承ください。黄色のラインがゴールラインの中心とボールを結んだラインとなってる。

どんな表現であっても基本的な考えはシュートコースを限定できないのであれば、どちらにでも動ける均一な位置にポジションをとるとよいと私は思う。

前後のポジション

指導者の中では、前に出ろ!という方もいるが、それがどこまでが正しいのか?
当然、前にでれば左右へのシュートコースは狭くなるのでストップできる可能性はあがるようにも思えるが、実際には先ほどから言っている前後の関係で頭上のシュートコースを空けてしまうことにもなる。
前に出れば出るだけ、頭上を超えてのシュートをケアしなければいけない。

同じ速度で打たれたシュートでも前へ行き近づけば近づくほど、早く反応できないと遅れてしまって取れないことも十分にあり得るので、私は個人の反応の速さ・背後へのシュートに対しての対応力によって前後の間隔は決めなければいけないと思っている。 
もちろん背の高いGKが前に行くことでシューターに威圧感を与えることができ、シュートコースがない?と思わせることができるかもしれないが、背の低いGKが同じポジションにいると頭上へのコースがあるように見えるのではないか?

ミドルレンジ・ペナルティエリア内なのかによっても当然違ってくるので、同じ位置からシュートを蹴ってもらい自分にとってどこが一番いいのか見つけ出そう。

自分のポジションがいいのか確認するために、キッカーの位置に行ってみて自分のポジションでキッカーにどんな影響を与えているのか考えることも大事。
GKのポジションだけに立っていてはわからないことも多々あるので、GKがシュートをしてみてキッカーのボールの置く位置などによってどんなコースを狙いやすいか? なども考えてみると、身体の向きなどによって予測することも可能になるのではないかと私は思うので、GKにもシュート打たせてみるとよい。

ディフェンダーの背後のスペースのケア

ポジション

現代サッカーは、FWからDFまでの距離をコンパクトにするためにDFラインも高い位置をとる場合が多くなってるようです。
その際にGKはDFの背後のケアをしなければいけません。

スルーパスに対しての飛び出すタイミングも、ポジション次第では失点に直結してしまいます。
当然、DFの背後のスルーパスのみを考えてると頭越しのシュートを打たれて対応できないことも起こります。

ゴールキーパーは、ディフェンスの背後をどれくらいカバーできるかは個人のスピードなども関係してきますが、どの位置に立てば良いかはボールの位置で判断するといいでしょう。

DFラインに合わせてGKのポジションは変更しなければいけないが、これはあくまでも参考的な数字だが20~25メートルぐらいに保てばいいという説もある。
DFラインからのバックパスも受けやすい距離で、これくらいならDFの背後にでたスルーパスにも対応しやすいとされている。【ビルドアップ時】

ここでもボールとゴールの関係が重要になってくる。 
DFラインが上がったからGKも一緒に上がって背後のスペースをケアしようという考えは間違ってはいない。

しかし、指導者の中にはディフェンスの選手がこの位置にいるのにキーパーはどこにいたんだ?という声を何度も聞いたことがある。
ディフェンダーが高い位置にいるからキーパーも一緒に押し上げるとどうなるだろうか? 

本来基準とすべきとこは、ボールの位置である。

 

【相手がボール保持してる時】
Aの位置にボールがある場合は、まず直接シュートを狙う場合は少ないと思うのでもう少し前でも可能だとは思うが、シュート打たれても戻ってゴールを守れるポジションに立とう。
この図では、DFの位置が入ってないが実際にはDFの背後もカバーできるポジションをとるために、このように高い位置にボールがあるときは、GKも高い位置をとるように心がけよう。

Bの位置だとどうだろう? この位置からだとDFとGKの間に走りこむ選手、スルーパスを狙える位置なのでGKの展開予測が重要となる。 ゴールエリアのライン上にいると背後は約5メートル戻ればゴールは守れるので、直接シュートの可能性はAよりもあるが想定されるのはシュートよりもパス? だろうから、自分が前にどれくらい飛び出せるかタイミングも含めて考えよう。

【ビルドアップのマイボール時】
A・B位置ともにビルドアップで自チームがボール保持してる場合は、もっと高い位置を考えてポジションをとってもいいが、一番怖いのはDFもGKも含めてマイボールの時は自然と前にポジションがいくので、奪われた瞬間は思ったよりも背後のスペースが広いので気をつけよう。

万が一ボールを失ったとしても、まずは1stディフェンダーをプレッシャーにいかせて、直接シュートを打たせないようにチームで徹底すれば奪われた直後のロングシュートでの失点は防げる。 奪われたらGKは先にゴールへ戻る意識が大事になるでしょう。

間違ったスタートポジションから動き出せば、間違ったままのポジションをとる傾向が高いようなのでいったん先にゴールに戻ってから前に出て行きポジションを取り直すようにすれば、ポジションミスはほとんどないでしょう。 しかし、ゲームの中ではそんな時間がないことが多いのでしっかり練習の中で自分の位置がどこにいるのかわかるように習得したほうがよい。

GKのポジションとプレッシャーの有無

Fの背後をケアした前後のポジションにおいて、相手ボールにありボール保持者にプレッシャーがかかってる状態なのか、そうでない場合なのかでポジションは違う。 直接シュートを打たせないような守備陣の間合いをとらせ、パスの出所を限定もしくは予測しやすいようにさせることでGKの守備範囲は広くなる!

DFとGKの間にあるスペースも、どちらも早いとDFラインは高い位置を保てるでしょうが、しかしながらGKが遅い・・・あるいはDFが遅いなどとなれば、同じようなラインの位置をとると背後のスペースに走られた場合にリスクが増えるためにDFラインは低くしなければいけない場合もあるでしょう。

背後のスペースに飛んでくるボールについては、GKはどれくらになら自分がカバーできるのかをしっかりDFと話し合って、互いをわかりあう事は重要なことだと私は思う。
GKの能力だけでは守備範囲が広くなるとは私は思わない。 ファーストディフェンダーの徹底など、チーム全体での戦術次第でGKの守備範囲は広がることも多いので『うちのGKは守備範囲が狭いんだよね・・・』というチームの方は、ぜひともこれを考えたうえでやってみてはどうでしょうか?