GK school

サッカー講座

サッカーの歴史

サッカーの歴史は古く、現在世界で最も愛されてるスポーツでイギリスがサッカーの発祥の地だと考えられています。
イギリスでは何百年も前から現在のサッカーのルーツと考えられるスポーツが行われてました。
世界各国には、サッカーのルーツと考えられた擬似のスポーツがあったそうです…

我が国、日本にも古くから宮廷で蹴鞠【けまり】という鞠を足で蹴り上げる、現在でいうリフティングを複数で行うゲームがあったようです。

19世紀には入ると各地域で同じフットボールとして楽しまれていたのですが、地域によってルールが違うために対外試合となると試合がうまく進まなかった。
そのような問題を解決するために、1863年にロンドン地域の学校やクラブの代表が会合を行いフットボールの統一団体の設立とともにルールが決定され、それからサッカー競技として誕生したのです。

1863年の団体設立により近代サッカーが、イギリス以外の国々でも広まり最初の国際試合は1875年に実現した。
サッカーの普及は、各国にサッカーに似たスポーツがあったことから近代サッカーの浸透は早かったのだと考えられてる。

サッカーはボールとスペースさえあれば誰でも楽しめることもたくさんの人々に楽しまれてる要因でしょうか。

 

サッカー界の組織図

FIFA【国際サッカー連盟】
1904年に8ヵ国で設立   日本は、1929年にFIFAに加盟

FIFAは、各地域により6つに分類されている

UEFA【ヨーロッパサッカー連盟】

CONMEBOL【南アメリカサッカー連盟】

CAF【アフリカサッカー連盟】

AFC【アジアサッカー連盟】

OFC【オセアニアサッカー連盟】

CONCACAF【北中米カリブ海サッカー連盟】

 

日本のサッカー組織図(男子リーグの位置づけ)

・日本サッカー協会(JFA)

・日本プロサッカーリーグ【J1リーグ(18)・J2リーグ(22)】

・日本フットボールリーグ【JFL(18)】

・地域リーグ(全国9地域のリーグ)

・47都道府県リーグ

 

サッカーの由来

サッカーという言葉でイギリスで始まったのではない!
association football 【アソシエーション・フットボール】

サッカーと呼ばれるようになったのは…
当時のイギリスの学生らによって誕生したと言われてます

そのころ学生の間では、言葉を短縮して使うことが流行っていて

association football この言葉も簡略化されて

assoccer となり、これからさらに短縮されてsoccerとなったようです。