GK school

1:1の対応

参加予定者のが諸事情により参加できなくなった者がいたが、また今回もGKクリニックに初参加の人がいたので嬉しいもんです。 天候もよくちょっと肌寒いがサッカーするには、いい天候なので良かった。

今回も前回に引き続き同じテーマ
前回にも参加し、今回も参加してくれた人は意識の面でかなり違いがあり、しっかりと足を運んで対応できていた。
詰める間合いを考え、相手の足から離れたオフの時にアタックできるシーンも見られパフォーマンスアップしていたのは成果ありだと実感。

1:1での対応の中でGKが倒れなければ時間をかけることができ、その間にディフェンスも戻る時間を与えることになり、失点する可能性は低くなる。
時間を稼ぐためにも、しっかりとサイドステップで対応することが重要だ。

サイドステップで重要なことは、いつボールが来ても反応できるように構えた姿勢のまま小刻みで早いステップワークが必要になるが、まだまだ歩幅が変わってしまう参加者が多かったので、しっかりとサイドステップの基本を習得することがカギとなる。

フロントダイブ

フロントダイブは、前回同様に初めて聞く参加者もいた。
このテクニックは、1:1の時だけでなくシュートストップの時でも役に立つので是非とも習得してほしいと私は思う。

1:1の対応の中で、フロントダイブでボールを奪えるし、シュートブロックの際にも身体全体を投げ出して相手に威圧することと当たる面積を増やせることができるので、シュートしかない!交わされることがないと思えば、フロントダイブでシュートコースを消しつつ間合いを詰めることは重要 。

1:1の対応の中でフロントダイブするチャンスは、ボール保持者の足からボールが離れている時!
横に倒れるだけではなく、相手の足元に飛び込むつもりでやらないとただ倒れただけでは相手に何のプレッシャーも与えず、簡単に抜かれてしまうことも覚えておこう。

間合いは人それぞれ違ってくるでしょうが、自分の間合いをつかむためには何度も練習し考えながら経験を積むことで、自分の間合いを確立できるようになる。

この日のフロントダイブでもそうだったけど、フロントダイブをさせると必ず回り込んでボールにアタックしてしまう傾向にある!
しかし、そこは最短距離で時間短縮をしなければいけないのでボールに対して斜めに入り、しっかりボールサイドの足で地面をけりアタックするように心がける。

回り込むことで、せっかくボールとゴールを結んだいいポジションにいても、簡単にあけてしまうので、コースは消したまま飛び込むことが大事になる。

この日は、より実戦で表現できるようにフロントダイブの設定をちょっと変えてみた。
ペナルティエリア内で、横パスまたは逆サイドにパスを出された場面設定。
最良の手段は、パスを取ること!
しかし、それはなかなか難しい・・・ 次に大事なのは、パス受け手との間合いを詰めることだが、ゴールへシュートコースがあいてれば当然ワンタッチでシュートするのが当然の流れでしょうか?

相手の足元へフロントダイブできないときは、最後はシュートコースに対してダイブすることになるが、どの位置に対して手を出しながらいくべきなのか?
このトレーニングでの問題点として、横パスに対して状態が立ってしまい移動が遅く、またシュートへの準備も遅れているのが問題としてあった。

出来るだけ早いステップで移動しダイブするのだから足の運び方や一歩目の出し方が重要となります。 そして最後は、どの時点でダイブするのか、どの位置でボールを触るように狙うのかがこのテクニックの最大の見せ場である!

個人差があるので、このタイミング!ってことは言わなかったが、ボールを置いて説明したので狙う位置のイメージはできたようで、話が終わってからのストップ位置はよくなりセーブするシーンも増えた。

やられた・・・と思うようなシーンでも、このフロントダイブのテクニックをつかってシュートブロックしピンチを救おう!!

練習日程