GK school

クロスへの対応

テーマは、クロスボールへの対応だったが空間認識があまりできないせいもあってか、落下地点へ先に入りすぎてボールへアタックできないシーンが多く見られた。

まずは、初歩的なトレーニングとして自分より前方へくるボールをイメージしてのボールの処理を行ったが、身体の向きがボールに対してのみとなってしまし、重要な中に入ってくるターゲット選手とボールを同一視もしくは周辺視野にて状況を把握できないシーンが多く見られた。

キャッチを意識しすぎてるせいか、果敢に飛び出せない参加者が多い。
キャッチすることによって相手攻撃の流れをたち、またビルドアップへ繋がる最良の手段化もしれないが、場合によっては接触時のファンブル回避のため、または相手のタイミングのままクロスに合わせさせないため、少しでも軌道を変える必要がある場合もある。

そこで、パンチングでの処理を行うためにまずはスタンディングにてパンチングの練習を行うが、猫パンチのようにまるまっただけで手首・拳に力を入れないでボールがとばない生徒も多数いた。

見本をみせて拳の作り方・手の出し方を細かく指導。
拳の向きが縦になると、脇があきまわりこんだようなパンチになってしまいます。
だから、片手のパンチの場合は拳の向きは基本的にボールに対して横になるように指導を行った。 
(ボクサーのストレートパンチのようなイメージでいい)

両手でのパンチの場合は、自分より前方へボールが来た際にはよく使う手段である。
キャッチに行くと相手と接触しファンブルの危険があるときや、ボールを遠くに弾く・確実に面積の大きい部分でパンチングするためには必須技術だと思ってる。

パンチングでの処理を練習した後に再び実際にクロスボールを蹴って対応。
ここで驚いたのは、パンチングOKといったあとからは果敢にクロスへチャレンジできていたし、明らかに最初したクロスへの対応よりも守備範囲が広くなっていた。

パンチングする際の、基本的な弾く優先順位の判断については知ってる参加者はいなかったようですが、ここで説明しておきます。

1. 味方のいるところ(パス)
2. 相手のいないところ
3. タッチライン
4. ゴールライン

まずは、味方のいるとこへパンチングパスが行えれば早く攻撃するには最良の手段である
次に考えるのは、相手の二次攻撃を受けないために相手のいないとこへ弾く
二次攻撃を受けないようにするために、タッチ・ゴールラインへボールを出して流れをたつことも重要である。

※基本的には、リスクを回避するのであれば人のいない遠くへ弾くことを考えよう。

練習日程