GK school

選手の特徴と環境 ~佐世保地区 GKクリニック開催~

佐世保地区での初の開催となったGKクリニック。
他の地区と比べると体格的に恵まれてる選手が多い事に驚いた一方、GKの基本的な知識があまりないのも現状として感じました。

また、参加者17名の全員が土の固いグランドにも関わらず全ての者が長ズボンの準備はなく、ハーフパンツで参加してたのは残念で仕方ない・・・。

普段の練習においても長ズボンをはかずに練習をしてることもあり、セービングは全員が苦手としていた。
普段から土のグランドにも関わらず長ズボンをはかない選手はセービングの際に姿勢が良くない傾向にあるので、できれば長ズボンをはいて練習をしてもらえるように指導者にも話をしてきました。

ハーフパンツをはいても擦り傷や、痛みを考えないでできる選手であれば土のグランドでも長ズボン必要ないかもしれないが、できるだけはいて練習した方が効率は良いように思う。

ポジショニング

基本中の基本であるポジショニングでは、ボールとゴールの中心を結んだライン上に立つことを言葉として表現できない選手が多く、センターサークルを見てポジションをとるとか、あまり考えないでポジションをとるという選手までいたので、今回の基本を学べる機会は彼らにとって良い機会となったのではないだろうか。

時間が経つにつれて積極的にデモンストレーションに協力してくれるようになったし、質問も出るようになったのは良かったが、やはり2時間の枠内でGKの全てを教えるのは難しいと実感したし、素質の高い選手も多数いたのでまたできることなら佐世保地区でのGKクリニックを開催できるように調整していきたい。

次回以降も、充実した内容でできるよう計画をたてますので次回もお楽しみに!

練習日程