GK school

正面でのキャッチとステップワーク

第一回となったGK講習会は、定員数をオーバーする中での開催となったが、テーマは正面でのキャッチとステップワークと題して行った。
初回とあって他チーム生徒と練習する機会がないせいか全体的に緊張気味の参加者たち。

正面でのキャッチはゴールキーパーにとって最低限の基本となるプレーなので、これは完全に基本から覚えてプレーを行う必要があると私は思う。

派手なセービングするよりも、しっかりとステップワークで足を運んで正面でボールをキャッチできたほうがミスは少なく攻撃の第一歩としてはいいでしょう。

正面でキャッチするには、足を運ぶステップワークが重要。
今回の参加者でも移動してきてキャッチをする際に、足の幅が大きくなったり狭くなったり・・・また左右均等な重心にならず、前後してしまう人までいた。

基本的なポジション

今回の参加者でもそうだったが、基本的なポジショニングの認識がちょっと違ったことは彼らにとってもいい勉強となったでしょう。

ゴールラインの中心と、ボールを結んだライン上にポジションをとるとわずかながらニアサイドがあいてしまう。 しかし、ライン上が正しいポジションと勘違いしてる選手は多いのが今回の講習会でもわかったことはこれがほとんどの選手がやってしまってるミスである。

これを少し修正するだけで、ニアサイドに入るシュートは減ると思う
当然、キッカーが右足・左足どちらかなのか、右サイドからなのか左サイドからなのかによってポジションはわずかに修正しなければいけないが、蹴るであろうコースへの可能性を考えてのわずかなポジション修正が止める確率アップになることは間違いない。

シュートに対しても、キャッチミスが目立った今回の講習会
ボールの質や自分の身体の体制によって、フリーなのかまわりに相手選手がいるのかなどを考えたうえで弾いたり、柔らかいタッチでいったん下に落として拾い上げる方法も教えたが、弾くトレーニングはしたことがないようだった。

速い攻撃につなげないのであれば、フリーならばキャッチだけが選択肢ではない。
最近は無回転シュートなどもあるので、クッションのように柔らかいタッチでボールを落としてプレーすることは大事なテクニックとなるでしょう。

練習日程