GK school

熱中症について

熱失神 熱疲労 熱けいれん 熱射病
熱い中での運動 急な暑さは要注意 失った塩分の補給  

熱失神

症 状

皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳血流が減少して起こる。めまい、失神などがみられます。顔面蒼白、呼吸回数の増加、唇のしびれなどもみられ、脈拍は速く弱くなります。

応急処置

涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分補給をすれば通常回復します。
足を高くし、手足を抹消から中心部に向けてマッサージするのも効果的です。
ただし、吐き気やおう吐などで水分補給ができない場合には病院に運び、点滴を受ける必要があります

 

熱疲労

症 状

大量の汗をかき、水分の補給が追いつかないと脱水が起こり、熱疲労の原因となります。脱水による症状で、脱力感・倦怠感・めまい・頭痛・吐き気などがみられる。

応急処置

熱失神と同じように、応急処置を行う

熱けいれん

症 状

暑熱環境下で長時間の運動をして大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足・腕・腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんがおこる。

応急処置

生理食塩水(0.9%)を補給すれば通常は回復します。

※生理食塩水の作り方

例) 1リットルの水に9グラムの食塩を混ぜればできます。
1リットルが多ければ、500のペットボトルに4.5グラムの食塩を混ぜれば0.9%の生理食塩水の完成

熱射病

症 状

体温の上昇の為(40℃を超えるような異常な体温になる場合もある)、中枢機能に以上をきたした状態。
意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)が特徴で、頭痛・吐き気・めまいなどの前駆症状やショック状態などもみられます。
また、全身臓器の血管が詰まって、脳・心・肺・肝・腎などの全身の臓器傷害を合併することが多く死亡率も高くなります。

応急処置

体を冷やしながら集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ必要があります。
いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後を左右するので、現場での処置が重要!!
少しでも疑われる場合は、救急車を呼び、すぐに冷却処置を開始します。
冷却は、皮膚を直接冷やすより、全身に水をかけたり、濡れタオルを当てて扇ぐ方が、気化熱による熱放散を促進させるので効率が良くなります。また、頸部、腋下(脇の下)、鼠径部(大腿部の付け根)などの大きい血管を直接冷やす方法も効果的

熱い中での無理な運動は事故のもと

熱中症の発生には、気温・湿度・風速・輻射熱(直射日光など)が関係します。
同じ気温でも、湿度が高いと危険性が高くなり、運動強度が強いほど熱の発生も多くなり、熱中症の危険性も高まります。

暑い所で無理に運動をしても効果は上がりません。
もし、行なう場合にはしっかりとした運動・休息・水分補給の計画を立てておく必要があります。

急な暑さは要注意

熱中症の事故は、急に暑くなったときに多く発生しています。
特に、梅雨の合間に突然気温が上昇した日や梅雨明けの蒸し暑い日、合宿の初日など。 暑熱環境での体温調節能力には、暑さへのなれ(暑熱順化)が関係します。

急に暑くなったときは運動を軽減し、暑さに慣れるまでの数日間※1は、短時間の軽い運動から徐々に増やしていきましょう。

※1 慣れるには個人差があると思いますが、約4~5日、長くて1週間をめどに

失った水と塩分は取り戻そう

汗は体から熱を奪い、体温が上昇しすぎるのを防いでくれます。
しかし、失われた水分を補わないと脱水になり、体温調節や運動能力が低下します。
暑いときにはこまめに水分を補給しましょう。

水分補給には0.1~0.2%程度の食塩水が適当 ※市販の飲料水を飲む場合
成分表示:ナトリウムの量40~80mg(100ml)が0.1~0.2%の塩分の目安


最後に、練習を休みたくないと言う気持ちはあると思いますが、体調が悪い場合は無理に運動をせずに休養をお勧めします。
体調が悪いまま運動をして熱中症に絶対になるとは言えないですが、絶対にならないとも言い切れませんので、自分の体調はしっかりと自分で管理し、運動を行なうようにしましょう。